道のり

こんにちは蔡です。


半年間で目標を叶える場合は、
長い道のりを歩んで行くコツを
覚えなければいけません。


また、1年などの長い期間で叶える目標であれば、
1年間でゴール設定をするのではなく、

半年でここまで、次の半年でここまでと
設定しておかなくてはいけません。


これは何故かと言うと、
1年間だと長すぎて中だるみしてしまうので、

どうしても数か月を無駄にしがちです。


そして、その中だるみした時期が
足を引っ張ってしまうので、

1年で設定するよりも半年で2回に分けた方が
集中力が継続し、最終的には目標達成
出来るようになります。



また、長丁場で目標を追いかける時は、
いきなり大量行動をするのが
一番ダメな方法になります。


長丁場の場合はマラソンと同じで、
いかに自分のペースで走り続けるかが
重要になって来るからです。



殆どの方が犯してしまう過ちは、

42.195キロの道のりを短距離ランナーみたいに
猛ダッシュで駆け抜けて行こうとするから
すぐにスタミナが切れて走れなくなってしまうのですが、


そうではなく、まずはその距離を走り続ける
体力を身に着け、自分に合ったマラソンシューズを履き
途中で水やバナナなどを補給しながら
完走しなくてはいけません。


更に、共に走って行く仲間や
一緒に走ってくれるコーチなど


それらの要素が合わさって
完走する事が出来ます。


そして、一度でも42.195キロの
距離を走り抜いたあなたは

コツも体力も自信も
全て兼ね備えるようになり、

今後は自分一人でも
走り抜く事が出来るようになります。


今度はもっと早いタイムを狙っても良いですし
世界中の有名なマラソンに参加しても良いです。



このように今まで出来なかった事に
チャレンジしていく訳ですから、

今までと同じではいけないんです。


徐々に自分を変化させていき、
多くの物事をこなせる体力を養い、

最後は自分の手で目標を掴み取る。



今回の企画では、それらが全自動で
身についていく仕掛けがいくつも
散りばめられていますが、

あれ?気が付いたら体力もついて
大量行動していた・・・

しかも、それをするのが日常になっている。

何て事になると思います。


当り前ですが、スポ根マンガのような
100メートルダッシュをする訳ではありません。