上司が怖い部下が憎い、そんな場合どうする​?

本日は上司と部下との関係を話したいと思います。

コーチングなどでも話を聞いていると
上司や部下との関係に悩んでいる方が非常に多く

サラリーマンで生きて行くならば定年退職するまで
この問題と向き合って行かなくてはいけないので
早いうちに問題を解決しておかないといけません。


何故上司に嫌われ怒鳴られるのか?

何故部下が鬱陶しい存在となってしまうのか?

そこには人間の悲しい性が潜んでいます。


私はクライアントさんが部下の立場で
上司との人間関係に悩んでいるのであれば

「部長凄いですね」

などと優越感をくすぐり

「部長ここの部分を教えて下さい」

などと部長を頼り

「部長のように仕事が出来る人間になりたいです」

などと尊敬の念を抱くように言っています。


当たり前の話ですが上司と部下の関係も
1つのコミュニケーション。

そのコミュニケーションが崩れると
怒鳴られ、嫌味を言われ、しまいには無視と
会社にいられなくなるような出来事に発展しかねません。


しかし先程の優越感や尊敬の念を抱いて
上司と接するとそこには良好な師弟関係が出来上がるので

「可愛いやつだ」「俺が面倒見てやらないと」

など敵ではなく味方と言う図式が成立するので
コミュニケーションは驚くほどの改善をみせます。


えっ?仕事出来なくて怒られるんですが・・・

仕事が出来ても出来なくても最初にコミュニケーションありきです。

コミュニケーション良好→上司がカバーしてくれる

コミュニケーション最悪→怒鳴られる、馬鹿にされる

コミュニケーションの取り方1つで
マイナスに向かうかプラスに向かうか。

しょせん人間の繋がりなので仕事以前に
その方とどのような関係を築くかが重要となって来ます。


でも世の中には不器用で真面目に仕事に取り組んでも
損な役割をしてしまう人がいるのも事実。

ここで上司に嫌われてしまう人の特徴があります。

1:上司に意見ではなく文句を言う人。
1:上司よりも俺のが出来るんだ感を出している人。
1:上司の存在を脅かす人。
1:上司が苦手で避けてしまう人。

家庭でもお父さんが一番偉いように
会社の中でも社長→部長→平社員とランクの法則があり

この法則に逆らうとエネルギーが逆流してしまうので
何事もうまくいきません。

また部下が優秀だと上司が喜ぶか?
というと一見会社の利益になるので
喜びそうなものですが、

実はそうでないケースがあり

上司がトラウマを持っているようであれば
その優秀さに嫉妬し事ある毎に部下の成長を
邪魔するような様なパターンになります。

これの性質が悪いのが上司も部下が憎いのではなく
自尊感情が低いが故の嫉妬なので全て無意識。

だからこそ自分の方が仕事が出来ても
上司を立てる事で上司の自尊心が擽られ
良質なコミュニケーションが誕生し
会社と言う組織が上手く回って行くようになるんですね。


勿論、僕は能力でのし上がってやる!
と思っているのであれば人間関係が悪くなっても
突っ走れば良いと思いますが、

そのような場合は必然と敵が多くなるので
サラリーマンと言う立場では
かなり覚悟が必要になって来ます。

コミュニケーションが上手な人は
自分もOK他人もOKと言うマインドになっているので
ストレスをあまり感じる事はありませんが

他人を蹴落としてでものし上がるタイプの人は
自分も許せない、他人も許せないマインドを
持ってしまっているので

遅かれ早かれ体の不調心の不調となって
かなり生き辛くなってしまうので注意が必要です。

では自分のコミュニケーションはどこで培ったのか?
と言うとコミュニケーションの基礎が作られるのが家庭。

親子間のコミュニケーションが良質だと
社会でのコミュニケーションも良質。

それが良く分からないのであれば
食卓がどのような感じであったのか?

食事の時に会話があり笑いがあり
学校の事や親に相談などをしていたら
素晴らしいコミュニケーションの基礎を持っています。

その次に学校でコミュニケーションは磨かれて行きますが
親子間のコミュニケーションが不十分だと
学校などでもコミュニケーションが歪んでしまう場合が殆どです。

そしてそのまま社会人になり自身が培った
コミュニケーションを社会や他人に投影させてしまう。


例えば部下が上司に対して悪態をついてしまう事がありますが
この現象は父親と自分との関係を表しています。

父親が厳しい、怒鳴る、褒めてくれない環境で育ってしまった場合

上司がそのような感じであれば父親の面影を上司に投影させてしまい
何故だかわからないけど上司が苦手、上司が鬱陶しいとなり
その仕草が無意識に出て上司に嫌われてしまう。


女上司が苦手なのも同じ理由でお母さんと自分との関係。

お母さんが厳しい、怒鳴る、褒めてくれなく
女上司がそのような感じであれば苦手になります。


部下にイライラしてしまうのも同じ原理です。

自分の言う事を聞いてくれない
自分を嫌っている
思うようにコントロール出来ない
自分を馬鹿にしている

親とのコミュニケーションでストレスに感じた感覚や感情を
部下とのコミュニケーションにリンクさせているので
何故だか部下に対して腹が立ってしまう。


親子関係で満たされなかった欲求は
恋人やパートナーに埋めてもらおうとする。


このように切っても切れない親子関係を
社会に持ち込みそれを延々と繰り返すのが人間。

全ての人間関係の基礎は家庭にあるので
コミュニケーションが苦手だと思っている方は
親との関係を他人に投影させていないのか?
を考えて見ると良いですよ。

それに気が付くだけでもコミュニケーションの質が
大きく違って来ますし、コミュニケーションはいくらでも
改善する事が出来ますからね。