強迫的な思考になっていませんか?

私はコーチングとカウンセリングの手法で
目標達成や症状の改善などのお手伝いをしていますが、

正直言って、コーチング+カウンセリングを組み合わせた方法は
人と導くうえで人を成長や改善に向かわせるうえで
これ以上の方法はないと言い切れます。

例えば、頑張ってアクションしようとしても
どうしても不安が勝って動けない方がいます。

やらなければいけないと頭では分かっていても
感情がそれを許さない。

得体のしれないものが自分を止めている。

そんな方は多いと思います。

しかし世間では行動できない自分に対して

「サボっている、勇気がない、根性なし」で片づけられてしまい
何時も劣等感を抱いてしまっている。

では、コーチングの場合はここでどうするかと言うと、
その方に行動しないとどうなるかを考えてもらい
自発的に行動するように地力を養っていく方法がとられます。

もちろん、軽い不安や感情のストッパーであれば
そこからコーチングで伸びて行くのですが、

それでも、どうしてもダメな場合はその方の深層心理を
カウンセリングで解消して行かなくてはいけません。

しかし得体のしれないものを突き止め解消して行くと
自身を止めるものはなくなるわけですから

そこからまたコーチングでグンと伸びて行くと言う感じです。


ですが、そのようなタイプの人に最初から最後まで
気合で押し通そうとしても無理があります。

「気合いだ、根性だ、精神が弱い」「僕はこの方法で成り上がった!」など
叱咤激励しても動けない原因が自身でも分からないのであれば動かないでしょう。

そのような場合、動けない原因をまずは解き明かしそれを解消する。

もしくは動けるように意識を少しずつ変化させていく。

そのような改善方法だと以後爆発的な能力を発揮します。


私のクライアントさんで対人恐怖の方がいました。

対人恐怖はあがり症が重症になったもので
表情恐怖や笑顔恐怖や醜形恐怖や視線恐怖や女性恐怖もこの中に含まれますが、
対人恐怖症はその症状が複数含まれてしまったものになります。

もちろん、対人恐怖ですから外出するのも苦痛。

常に自分が人から見られる事や人を凝視してしまう事が苦痛。

人にどう思われるか異常に気にしてしまう。

対人恐怖の深層心理は自分を見てほしい願望が人一倍強いけど
自分がどう思われているのか気になり過ぎて今度は人を避けてしまう現象です。


その方との心理セッションコーチングの感想を頂いたのでご紹介します。

--------------------------------------------

コーチングでは大変お世話になりました。
今では感謝の思いでいっぱいです。


自分を変えたいと応募しましたが、始めは変われるか半信半疑でした。


しかし、対面でのご指導、課題を繰り返すうちに徐々に自分が
変化しているのを実感しました。


特に、コンプレックスが無くなり、周りの目が気にならなくなったのは自分にとって一番の変化です。


これまでは周りが気になりすぎて萎縮していた自分が、
今では何事にも臆することなく行動出来ています。


また、仕事を辞め、独立したことも大きな変化です。


いずれは独立と考えておりましたが、思い返すと、
よくこのタイミングで決断したと自分で驚いております。


ともかく今後どんな出来事も乗り越えられそうです。


そして、良い報告ができるよう頑張ります。


蔡さんに出会えて良かったです!

本当にありがとうございました!

--------------------------------------------

このクライアントさんの場合は4回の心理セッションで症状が改善し
以後コーチングで独立起業、翌月には月収を3倍にしました。

もし、心理セッションがなくコーチングのみで
このクライアントさんに対峙していたら
ここまで伸びる事はなかったでしょう。

と言うのも、先ほどお話したように
対人恐怖は人からどう思われるか異常に気になる。

つまりは自己評価の低さから症状を誘発します。

だとしたら対人恐怖の症状だけを取り去るのではなく
自己評価が何故低いのか?そこに取り組まないと根治療法にはなりません。

もちろん対人恐怖の症状だけを取る事も出来ますが、
この場合は対症療法になってしまうので根本的な自己評価の低さはそのままになり
将来ストレスがかかる場面が続くと鬱になったり
他の心の病に発展していく恐れが残ったままになります。

根治療法をすると自身を悩ますものがなくなるので強迫的に「しなくてはいけない」ではなく
勉強も仕事も恋愛もプラス面から取り組む事が出来るようになります。

この違いは本当に大きいです。

ですから、コーチングとカウンセリングを用いた変化は
どんな悩みやどんな人にも適応できるんですね。

もし、あなたが目標を達成しても名声を手に入れても
生き辛さが消えないのであれば

それは過去の欲求不満を満たそうとする
強迫的な思考によって動かされているだけなので
目標を達成する度に苦痛が大きくなって行きます。