植物が枯れる家はヤバい

殆どの方がお盆休みだと思いますが
このような時だからこそ出来る事を
考えてみると良いですよ。

コロナの時期だから遊びに行けない。
そんな時間を有効活用するのであれば、やはり掃除。

あなたは掃除でスッキリした家を見た時
なんか気分が良い、気の流れが良いと
感じた事はありませんか?

そう。掃除をした部屋は瞬時で
良い気が流れるようになるので
人生の運を上げるには持ってこいなんですね。

あとは部屋の模様替え、断捨離がお勧めです。

模様替えは今までをリセットし気分転換になり、
断捨離は邪気を捨てるという意味でも
かなり効果があります。

※断捨離の目安は3年使っていないもの


古い物には邪気が住み着き汚い場所や
荷物が多すぎる家は気の流れが悪くなりますが、
ここで、気の流れが悪い家を見分ける方法を教えます。

それは家に観葉植物を置いて見る事です。

気の流れが悪い家だと、どれだけ丁寧に
観葉植物を育ててもすぐに枯れてしまいますし、

色々な部屋に置いて見てすぐに枯れてしまうようだと
その場所の気の流れが滞っていると分かります。

そのような場合、やはり掃除、盛り塩、断捨離など
徹底的に改善して行かないといけません。


なぜこのような話をするかと言うと
本来リラックスする場所である家の気が悪いだけで
ネガティブな物事がどんどんと増えて行くからです。

家と言うのは生活の三分の一以上を過ごす事を考えると、
この空間をいかに快適にするかで
感情、思考、行動などに影響が出て来る。

であるならば、気の流れを良くしておくに
越した事はありません。

掃除や断捨離くらいであれば非常に簡単ですし、
それだけで気分が良くなりますからね。

私のモットーは良いものは取り入れて行く事ですが
自分で実践して効果があった事しかお伝えしません。

私のコンサルやコーチを受けた方は分かると思いますが
コーチングのテクニックを使ってクライアントさんに
アドバイスをしている訳ではありません。

あくまでも自分の実体験から出てきた言葉を
噛み砕き、アドバイスしていくスタンスです。

と言うのも私も昔は様々なセミナーや
先生の元で学んできましたが、

「この人、言葉に力がないな・・・」

そう感じる先生に限って人を導く力が弱いと思いました。

何故なら知識を右から左に流しているだけで、
自分では確信を持てていない。

そうなると言葉に宿る力、説得力がない。

だから人を導く力が弱いんだと悟りました。

私はその教訓を生かし学んだことで試せるものは
試してみて納得できた事をクライアントさんに伝えている。

自身が体験した事から言葉を発するので
クライアントさんに伝わるエネルギーや
説得力も違ってきます。

これが、本で読んだ知識だけの話であれば
あれだけ多くのクライアントさんを導く事は
不可能だったと思っています。

心理療法でもそう。

クライアントさんに使う療法は
自分で全て試してどのような情動になるか
徹底的に行っているので、細かい部分まで
クライアントさんに伝える事が出来ます。

だからこそ、クライアントさんも
安心してセッションに取り組んでいけます。

ただ、自分で心理療法を試したことは
思わぬ宝物を運んできてくれました。

それは次元の違う自信です。

レベルゼロでは小さな達成が自信に繋がる事を
前提で教材を作ってありますが、それは本当です。

しかし、その上の自信とは、
自信があるとかないとか一切考えない次元になり
どんなことでも楽々こなせるようになります。

言葉で言うと「めっちゃ楽~」と言う感じです。

人間はいかに負の感情にエネルギーを
奪われていたのか、と言う事ですが、

そこには人間の存在そのものにかかわる事が
非常に大事になっていたんですね。

それを次回お伝えいたします。